淡路島 穴子料理

当店の穴子料理(あなご料理)について

伝助穴子とよばれる大きな穴子を使用した珍しいコース料理

『予想外のおいしさ』『はじめて食べた穴子料理』
当店のあなご料理をお召し上がりいただいたお客様からいただく多くの感想です。
寿司や蒲焼といったイメージが強い穴子ですが、当店では、ちり鍋やお造りにしてご用意。この味を求め、何度も足を運んだくださるお客様も多数いらっしゃいます。
使用する穴子は基本的に、淡路島の『由良漁港』や『仮屋漁港』が多いですが、 ここ数年の漁獲量減少から、十分なものが確保できない場合は淡路島以外の産地からの調達に頼っています。

穴子のなべ料理

伝助穴子のちり鍋

大きな穴子なので骨切をしなければ、食べることが不可能です。見た目は鱧と似ていますが、弾力のある食感と独特の甘みが特徴。脂の乗り方がよく、当店の自家製ポン酢との調和が美味しいです。想定外の美味しさ、未経験の食感に驚かれる方が多いです。一緒にそえるお野菜も大切。近くの産直市場から調達した、地元農家の新鮮野菜を使わせていただきます。写真では、水菜、白ネギ、せり、しいたけ、焼き豆腐など、全て淡路島産の食材です。(お野菜の種類は季節に応じて変更します。)


穴子の飯物

備長炭の炭火焼による穴子重

備長炭で丁寧に焼かせていただいた穴子を、淡路島の米の上に乗せるだけ。シンプルゆえに、難しいお料理でもあります。使用するサイズの穴子は約300g前後を1本丸ごと。これは結構な大きさで、しっかりとした食べごたえを感じていただけると思います。。

穴子のせいろ蒸し

秘伝のタレとささがけ牛蒡を絡めたごはんを、せいろに敷き詰め、煮穴子を2本のせ蒸しあげました。うなぎ料理の定番『せいろ蒸し』を穴子で応用。蒸したてをお召し上がりいただくので、とても温かくてふっくらした食感をお楽しみいただけます。300g近いごはん量と200gサイズが2本の穴子なので結構なボリューム感です。

穴子茶漬け

コース料理の〆を想定しているので、あっさり軽めに仕立てています。炭火で白焼にした穴子を佃煮にしてお茶漬けに。山葵と実山椒が程よいアクセントとなり、脂の乗った穴子が、ほうじ茶でさらりとお腹に流れていく感じです。樂久登窯で特注でお願いしたお茶碗と急須もお楽しみください。

その他あなご料理

穴子の造り

1日寝かせた穴子の造り。熟成された旨味が美味しいです。湯に通して刻んだ『穴子の皮』と薬味と一緒にポン酢でお召し上がりください。

穴子白焼き

酒と塩だけでシンプルに炭火焼。わさびと一緒にお召し上がりください。

あ巻き(穴子の玉子焼き)

煮穴子を巻いた玉子焼き。熱が通って柔らかくなった煮穴子と出汁巻玉子が見事に調和。

穴子の八幡巻き

4つ割りにして炊いたごぼうを巻いて、炭火でじっくり焼きました。ごぼうと穴子って本当に相性がいいです!

穴子の骨せんべい

時間をかけて、低温で揚げることによって中の水分を抜いた骨せんべい。うっすら塩味とさっくりした食感をお楽しみください。

紀州備長炭

備長炭の中でも細いタイプが、高温で焼くことができ、老舗のウナギ店などでもよく使われるそうです。高級炭を贅沢に使って、丁寧に穴子を焼かせていただいます。

穴子料理のコース内容とご予算

コース料理、又はちり鍋セットからお選びください。

■あなごコース 7000円 (税別)
内容:骨せんべい 酢物 造り ちり鍋 白焼 天ぷら 穴子茶漬 水物
■あなごコース 8500円 (税別)
内容:骨せんべい 酢物 造り ちり鍋 八幡巻 玉子焼 白焼 天ぷら 穴子茶漬 水物
  プラス3000円でご飯ものを、『穴子茶漬け』から『穴子重』又は『穴子のせいろ蒸し』に変更可能。

■ちり鍋+穴子重(又はせいろ蒸し)セット
ちり鍋 穴子重(又はせいろ蒸し) 吸物 香物 水物
5500円 (税別)

時期について

2月は平日のみご利用可能。
3月から5月末までは全日ご利用可能。