ANAGO RYOURI | from 2018.03.01

煌々と熱を放つ紀州備長炭。
食欲を掻き立てる香りとともに舞い上がる煙。

Sea eel, enjoy the flavor of charcoal & teriyaki souce.

穴子の時期について

【3月〜5月末まで】

立ち上る煙による香りづけで一層美味しくなる穴子料理

細くて長い『乙細丸』という種類の備長炭を使用しています。非常に強い火力が特徴で、皮をしっかりと焼く必要がある鰻料理屋などでも好んで使われる炭です。常に一定の火力を保てるガス火とは違って、コントロールするための気配りや注意力が常に要求される炭の扱い。しかし、焼け落ちた穴子の脂と秘伝のタレから立ち上る煙は非常に食欲を刺激する香ばしさを穴子に与え、より一層美味しく引き立ててくれる貴重な存在です。

秘伝のタレで焼く穴子

創業以来ずっと継ぎ足しで使い続けている秘伝のタレ。立ち上る焦げた香りが食欲を刺激します。

秘伝のタレで焼く穴子

備長炭の火色の美しさ。

使用する穴子について

【産地】
由良漁港、仮屋漁港を中心に淡路島産で揃えます。しかしながらここ数年、漁獲量が激減しており島内で確保できないこともあります。その場合、対馬や仙台から取り寄せることもまれにございます。

残念ながら近い将来、鰻のように貴重な魚になってしまうのは避けられないと危惧しています。

知る人ぞ知る『伝助穴子』の魅力

とりわけ大きい穴子を伝助穴子と呼びます。500gくらいから、まれに1kgを超える大物もおり、よく蒲焼で売られている穴子の2−3倍の大きさでしょうか。普通の穴子と違って、骨が硬いので鱧のように骨切りをする必要があります。
あまり流通している魚ではないので、まさに知る人ぞ知る『伝助穴子』 ちり鍋にして食べると、まずはプリプリの食感に驚きます。続いて脂ののった濃厚な旨味と爽やかなポン酢との調和がもたらす旨味に膝を打つことでしょう。
はじめてお召しになられた多くのお客様が、その美味しさを予想外と評しており、穴子のイメージが覆る体験をお楽しみいただきたく思います。

伝助穴子のちり鍋

プリプリの食感と濃厚な旨味をお楽しみください。

伝助穴子のちり鍋

淡路島の新鮮野菜も楽しみのひとつ。

穴子重

大好評の穴子重。

せいろ蒸し

秘伝のタレとささがけ牛蒡を絡めたごはんを、せいろに敷き詰め、煮あなごをのせて蒸しあげました。蒸したてをお召し上がりいただくので、とても温かくてふっくらした食感をお楽しみいただけます。

せいろ蒸し

炭火で白焼にしたあなごを佃煮にしてお茶漬けに。山葵と実山椒が程よいアクセントとなり、脂の乗ったあなごが、ほうじ茶でさらりとお腹に流れていく感じです。

穴子のお造り

珍しいお造りも好評。

玉子焼き

煮穴子を巻いた出汁巻玉子。出汁醤油大根おろしで。



価格と献立内容

穴子コース

おひとり様 8500 円(税別)

プラス3500円で、ご飯ものを『茶漬け』から『あなご重』又は『せいろ蒸し』への変更が可能。

ちり鍋+あなご重(せいろ蒸し)セット

おひとり様 6000円(税別)

あなご料理単品

単品料理だけでのご利用はお受けいたしかねます。