Concept of kokochiyo

『心地よい場所』にしたい。そんなシンプルな想いで『こゝちよ』が生まれました。

The name of the restaurant “KOKOCHIYO ”is derived of “KOKOCHIYOI”, which means “being comfortable” in Japanese.

家族でも気兼ねなく美味しい料理を楽しんでいただけるお店を目指して

淡路島北部の東浦に位置する、鱧や3年とらふぐといった魚介食材を中心に据えた料理屋です。2014年10月に移転オープン。それまでは、淡路島南部の由良という町で4年近く営業しておりました。
『こゝちよ』とは、お客様にとって心地良い場所にしたいという想いを込めた店名。 お店だけではなく、当店が位置する東浦も、温暖な気候や自然が多く心地よい周辺環境で有名です。 当店や東浦への滞在が、お客様にとって素晴らしいひと時になりますよう、引き続き頑張ります。

ここ数年の当店を振り返ると、家族でご利用いただくお客様が多いことに気がつきました。 ご高齢の方や、幼い赤ちゃんが一緒。敷居の高い店では周囲に気を使って、気楽に利用できないこともないでしょうか。 『おいしい食事を家族で、気兼ねなく楽しみたい』当店は、そんな要望の受け皿となりたいと考えています。 もちろん、ご家族以外び親しい方との食事や、接待利用、各種宴会でのご利用も可能でございます。皆様のご来店心よりお待ちしております。

お子様連れのお客様には
個室を優先的に手配
足の悪いお客様には
テーブル席をお勧め
ご年配のお客様には
玄関やトイレに手すりを用意

京阪神からの便利なアクセス。移動負担が少ないので、日帰り旅行もお手軽に実現。

明石海峡大橋から15分。神戸エリアからは30分。京都からでも1時間30分程度。
朝出発すれば、夕方には戻れる日帰りスケジュールを立てれるのも安心です。

■Googleマップの経路検索による時間計算(車移動。渋滞なしの場合)
舞子周辺から22分     神戸三宮から43分 
姫路市内から59分     西宮市内から53分 
大阪市内から1時間7分   京都市内から1時間41分
奈良市内から1時間28分   丹波市内から1時間27分
徳島市内から1時間9分   高松市内から1時間45分

ミシュランガイドブックにて、ひとつ星を獲得しました。

2016年【ミシュランガイド 兵庫特別版】におきまして、『ひとつ星』の評価をいただきました。いつもご贔屓いただいているお客様をはじめ、淡路島の生産者、取引先の皆様のおかげです。

こゝちよに息づく、心の込もった手作業の仕事や作品の数々。

築年数45年の民家が、淡路島在住の若手建築家の設計により見事な変貌を遂げました。また、この島を感じていただきたいとの想いから、内装や調度品の多くを淡路島に由来する作家さんに依頼しました。店内に佇む、一流の手仕事や技術による作品もお楽しみください。

※当店に様々な形で関わってくださった、作家さん、業者さんのご紹介【順不同】

オーナー料理人の紹介

新島健一 (にいじまけんいち) 1979年生まれ
実家が民宿業を営んでおり、幼少の頃から魚の調理に携わる。関西の大学卒業後、京都先斗町の割烹料理店での修行を経て、淡路島の洲本市由良町で独立。前店舗で4年ほど営業したあと、2015年10月に兵庫県淡路市に移転し、現在のこゝちよを開業するに至る。
『トライ&エラー』を哲学として常々改善を模索しながら奮闘中。暇な時期は登山に行って山の自然に癒されるのを楽しみとする。

淡路島ならではの親しみやすい接客を目指しています。

2018年の春時点で、調理師3名とホールマネージャー1名。アルバイトスタッフも8名ほど在籍しています。お客様に居心地よく過ごしていただくためには、質の良い接客が不可欠。若いスタッフが多いので、避けられない経験不足を補う為に教育や研修をしっかりと行っています。『こゝちよは高級料亭ではない。礼儀やマナーは大切だけど、無理をせず笑顔で朗らかにいるように』という接客態度を大切にするようにスタッフに伝えています。