コンセプト | 淡路島 こゝちよ ここちよ

淡路島北部の東浦に位置する、鱧や3年とらふぐといった魚介食材を中心に据えた料理屋です。2014年10月に移転オープン。それまでは、淡路島南部の由良という町で4年近く営業させていただいておりました。
『こゝちよ』とは、お客様にとって心地良い場所にしたいという想いを込めた店名。 お店だけではなく、当店が位置する東浦も、温暖な気候や自然が多く心地よい周辺環境で有名です。 当店や東浦への滞在が、お客様にとって素晴らしいひと時になりますよう、引き続き頑張ります。
先般ミシュランガイドブック兵庫特別版にて、星1つの評価をいただくことになりました。
光栄ですが、主役はやはりお客様。力をいれず、気を張らず。気楽に使っていただけるようなお店を引き続き目指してまいります。

ここ数年の当店を振り返ると、家族でご利用いただくお客様が多いことに気がつきました。 ご高齢の方や、幼い赤ちゃん。敷居の高い店では周囲に気を使って、気楽に利用できないのではと思っています。 《美味しい食事を家族で楽しみたい。》当店は、そんな想いの受け皿になれれば良いなと思っています。 もちろん、ご家族以外でも親しい方との食事や、会社での各種ご宴会にご利用いただくことも多くございます。

小学校4年生以下のお子様連れのお客様
には個室を優先的にご用意。

足の悪いお客様にはテーブル席を
おすすめしております。

玄関前やトイレに手すりを用意。

明石海峡大橋を渡って10分。神戸エリアからは30分。京都からでも1時間30程度の距離。
朝出発すれば、夕方には戻れる安心日帰りスケジュールを立てれるのも、東浦の魅力。

■Googleマップの経路検索による時間計算(車移動。渋滞なしの場合)
舞子周辺から22分     神戸三宮から43分 
姫路市内から59分     西宮市内から53分 
大阪市内から1時間7分   京都市内から1時間41分
奈良市内から1時間28分   丹波市内から1時間27分
徳島市内から1時間9分   高松市内から1時間45分

当店の設計は、淡路島在住の有名建築家『平松克啓』氏による作品のひとつです。 元々の基礎構造を活かしながら、美しく、過ごしやすいに仕上げていただきました。すでに、淡路島の多くのレストランの設計を手がけており、島では有名な方です。
お店の雰囲気を決定づける壁材には、淡路島出身で京都在住の作家、『ハタノワタル』氏による和紙の壁を採用いたしました。 凛としたコンセプトのなかに、リラックスを誘う穏やかな空気が感じられます。
また、店内の全体に無垢材を贅沢に用いた木の温かみが感じられる造りとなっています。椅子やテーブルなども同様です。

オーナー紹介
オーナー

この度【ミシュランガイド 兵庫特別版】におきまして、『ひとつ星』の評価をいただきました。 いつもご贔屓いただいているお客様をはじめ、淡路島の生産者、取引先の皆様のおかげです。 とはいえ、この結果に関わらずこれまでと変わらぬ流れで、営業させていただきます。

授賞式の様子が動画ニュースになっています。

オーナー
オーナー紹介

新島健一。1979年生まれ。兵庫県洲本市出身。
実家は民宿業を営んでおり、幼少の頃から魚の調理に携わる。 京都先斗町の割烹料理店にて修行し、地元の淡路島で旧店舗(店名:露しぐれ)を開業。 旧店舗で4年ほど営業したあと、2015年10月に兵庫県淡路市に移転し、現在のこゝちよを開業するに至る。

「お客様に喜んでいただくこと。それが全てです。」